育毛剤選びのポイント

育毛剤選びのポイントをご紹介

育毛剤は、まず自分の症状に合ったものを選びます。
育毛剤は大きく4つに分けられます。
男性の多くが該当するAGAの場合は、男性ホルモンを抑えるタイプを選びます。
AGAでは男性ホルモンのテストステロンがデヒドロテストステロンに変わり増加することで引き起こされます。
このタイプではテストステロンの変換を防ぐために、5αリアクターゼの分泌を抑えます。
次に生活習慣が乱れてる場合は、血行を促進するタイプが良いです。
正常に発毛するためには、血液中に含まれる栄養分がしっかりと頭皮に届くことが欠かせません。
しかしストレスや運動不足、食生活などで血行不良を引き起こすと栄養が行き届かなくなり、毛根の働きが弱くなるため抜け毛が増えます。
このタイプは血管を拡張する効果があり、以前主流の育毛剤でした。
比較的早く効果を出すためには、毛母細胞を直接活性化させるタイプを選びます。
育毛剤が発展する中で、髪の毛を作る毛母細胞に直接働きかけるという新しいタイプです。
現在通販などで人気がある商品はこのタイプに含まれています。
そして髪の毛に栄養を与えたい人は、毛根に栄養を補給するタイプが適しています。
栄養素を内側ではなく外側から補います。
カラーリングなどでキューティクルが剥がれた女性などに有効です。
自分に適した育毛剤のタイプが分かったら、その中から安全性や評価を確かめます。
現在は問題となる副作用を持った商品はありません。
しかし使用感の違いや、含まれる成分が天然由来であるかなどによって優れた商品かが分かります。
さたに価格にも注意が必要です。
育毛剤は少なくとも半年間は続けないと効果がありません。
自分の経済状況と比べて継続可能であるかを判断します。

育毛剤で本当に髪が育つのか?

薄毛対策の定番と言えば育毛剤ですが、そんな育毛剤を使用する上で気になるのが、本当に髪を育てる事ができるのかという事ではないでしょうか。
やはり本当に効き目があるのか気になるものですが、これは使用する育毛剤によって違ってくると言えます。
育毛剤には沢山の商品がありますが、中には殆ど効き目がないであろう商品もあるのです。
例えば配合成分に関してもこれといった特徴がない商品はあまり効果に期待する事はできません。
特に医学的に薄毛に有効性が認められている成分が配合されない商品では使用する意味が殆どないとも言えますし、せいぜい頭皮のかゆみやフケがなくなったり、ハリコシが出たよう気がする程度の育毛効果と呼べるのか曖昧な作用が関の山です。
では本当に効果がある育毛剤とはどのような商品なのかと言えば、やはり有効成分を含んでいる事が条件であり、そして有効成分の信憑性が高い事も重要です。
つまり医学的にも研究がされており、効果を実証する研究データがある事が望ましいと言えます。
きちんと効果が認められている成分が配合されてこそ意味がありますので、商品選びの際には配合成分についてチェックが必要ですし、そして成分の効果についてもよく確認しなければいけません。
ただし、有効成分が配合されている場合でも必ず効果がある訳ではありません。
例えば何らかの脱毛症が原因になっている場合ですと育毛剤で対策をしても改善されない可能性がありますし、むしろ逆効果になってしまうような事もあるのです。
ですから脱毛の原因をよく確認した上で利用を開始する必要があります。
また、間違った使い方の場合も効果はありません。
きちんと継続して使わなかったり、決まった用量を守らないなどの使い方では本来の効果を発揮させる事はできないのです。
その為、使い方次第でも効果の有無は左右されてしまいます。

育毛剤の効果と使用頻度について

育毛剤には様々な効果があります。
まず代表的な効果として血流促進作用です。
育毛の基本は毛根の活動を活発にする事ですので、血流促進作用によって毛根に酸素や栄養をしっかりと送り届ける事が大切です。
その為、育毛剤選びの際には血流促進作用があるタイプを選ぶのが基本と言えます。
頭皮環境を整える効果もあります。
頭皮には雑菌だったり、汚れなどが付着していますが、頭皮環境が良くないのは薄毛リスクを高めてしまいますし、かゆみやかぶれ、ニキビなどのトラブルを発生させる原因にもなるのです。
ですから殺菌作用があるタイプを選ぶ事でクリーンな頭皮環境を実現できますし、健やかな毛髪も育ち易くなると言えます。
育毛剤には保湿作用が与えられている物もあります。
保湿は育毛にとってとても大事な事なのですが、頭皮が乾燥すると血行が悪くなったり、バリア機能の低下によって紫外線やパーマ液などのダメージを受け易くなるのです。
特に女性の場合は頭皮が乾燥し易い為、保湿作用がある事が育毛剤選びの一つのポイントになります。
育毛剤を使う際には使い方のポイントも大切になるのですが、使用頻度としては基本的に朝晩の2回です。
これは有効成分の濃度を一定にする為ですが、濃度を維持する事によって有効性を保つ事ができるのです。
朝晩の使用は手間になりますので、忘れてしまったり面倒になる事もあると思われますが、しかしながらきちんと使用しないと効果は低くなってしまいますので注意が必要と言えます。
そして育毛剤は継続性が非常に重要です。
毛髪はとてもゆっくりと成長しますのですぐに生えるような事はありません。
したがって根気が必要不可欠であり、長い目で見て対策を行う必要があるのです。

■失敗しない薄毛治療とは!?
AGA治療ナビ
■抜け毛防止の効果がある成分です
ケトコナゾール